Img_f3ba2637224a9cbdc77fb909c11784bf
Img_ce7b734dae7b618e62e1f9bf66d0a4ea
Img_062454235da655b04c908a19e1b4e57d
先月28日、福岡市から大牟田市へ引っ越しました。

仕事先の殆どが福岡県以外ということもあり、打ち合わせのために顔を合わせることも少なく、ネットと携帯さえ繫がれば仕事場は福岡でなくてもどこでもいいという環境が数年前から整っていました。また、デザインの仕事だけでなく、PERMANENTをはじめ他の活動を行うための場所が必要になっていたこともあって、本格的に物件探しを始めたのが3,4年前からでした。最初はうきはや吉井あたりののどかな田舎などに物件を探してみたのですが、これという出会いがなく、思案の末に選んだのが妻の実家がある大牟田だったというわけです。

実家は商店街に面した古い三階建てのビルで、一番上に妻の両親が住んでいます。僕たちは一階を改装して、そこに新しい拠点を作る計画を立てています。そこは15年前まで両親が生活雑貨と調理用具のお店を営んでいた場所です。

お店の前には街一番のデパート(松屋)がありましたが、今は建て壊されて駐車場になってしまいました。商店街はシャッターが閉められていて人通りは殆どありません。しかし、僕はシャッターが閉まったままの今の大牟田しか知りませんし、自分的にはとても心地の良い静かな場所です。

夕陽が沈む頃、影は一斉に東に伸びて、まるで、デ・キリコの絵画のようにシュールな表情を浮かべます。至るところに見られる壊れかけの建物を保護するためのシートは、クリストとジャンヌ=クロードの仕事を彷彿とさせますし、写真写りの良いサーフェス(表面)になっています。アスファルトはどこも劣化していて、雨が降ると水溜まりになってとても歩き辛い。けれども何もかもが綺麗に整備された街に比べると退屈しませんし、寧ろ身体感覚が刺激されるのだと気がつきました。
Img_39a74d607d8863f66d9c3b7cc5350da3
Img_c8cd6e095099a13d16399cbc3a017479
ここに夏頃完成する僕たちの空間(スタジオ)が、この街とどんな関係を築いていくのだろう、と散歩をしながら、度々、考えています。僕たちがやろうとしていることが、どれほどの価値があることなのは分かりませんが、ROAST (Click!) やPERMANENT (Click!) の時のように、好奇心と直感に従い「出来事と経験」を肥やせる機会を、一つでも多く作っていける空間になればいいなと考えています。もちろん一番は僕たち自身のためにそうしたいのですが。

そんなことを考えていた時に、ふとある言葉が脳裡に蘇ってきました。それは、2005年 スタンフォード大学の卒業式で行ったApple創設者スティーブ・ジョブズ氏のスピーチの中の一節です。最後にその言葉を下記に引用しておきたいと思います。

〝点と点の繋がりは予測できません。後で振り返って、点の繋がりに気付くのです。今やっていることがどこかに繋がると信じてください。何かを信じてください。あなたの根性、運命、業、何でも構いません。その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。それが人生に違いをもたらします〟