Img_0bf755bd5960a4fbc50cbfab48bb6de0
なかなか、これというシャツがなくて、いつか自分でシャツをつくってみたいと考えていた。SARAXJIJIの野田さんに、そんな話をしたら「ウチでそのシャツをつくりましょう」ということになって、ササッとスケッチを描いて渡した。昨年の9月、パリ7区のアパルトマンでだった。

襟ぐりは、細めのラウンドカラー。第一ボタンを外してもはだけた印象がなく、下のTシャツがだらしなく覗いたりしないように、第二ボタンとのピッチを短くしている。

サンプルが完成形に近づいてきた頃、野田さんから「シャツの名前を考えておいてくださいね」と言われたが、あまりいいアイディアが浮かばない。「あのシャツを一言で言うとなんでしょうね」と野田さん。「一言で言うなら、あれは〝普通のシャツ〟です」。

Ordinaly Shirtは、今月10日からIN THE PASTで開催する「SARAXJIJI A/W EXHIBITION」でサンプル展示(受注生産)で初のお披露目となります。


SARAXJIJI A/W EXHIBITION
身に纏う日常の道具
会期:11月10日(金)ー19日(日)
時間:11時ー18時 (最終日は16時まで)
***************************
◎オープニングスペシャル
齋藤キャメル ソロライブ
長い雨があがる朝のように
11月11日(土)
17時開場
18時開演
チケット:2,500円(+1ドリンク)
※要予約 ※予約は電話又はメールにて
***************************
電話 0944-88-9653
メール c.sadamatsu@permanentbros.com