Img_87f6002bc43e178ed3ec7c4d8e837a65
Img_63473da3537e7be930ed1925e1238d77
Img_e4a9a6b39f9a0f3e7a007bffc2a3af3c
中村くんの個展が、先日2月17日(日)の夕方、無事終了した。遠くは福島、長野、東京から、様々なジャンルの人たちが大牟田へ、IN THE PASTへ中村健太の写真を見に来てくれた。過去に開催したイベントとは、まるで違った人たちに出会えて、会期中は僕たちもとても楽しく過ごした。東京から来た青年と共通の友人がいることがわかったり、福島から来た女性とも共通の友人がいたりして。世間はとても狭い。

僕らは、二足も三足も草鞋を履いている。そもそもはデザインを生業にしているが、頼まれれば写真も撮るし、映像も編集する。食のワークショップを行ったり、今回のようなイベントの企画や時々可否のようにコーヒーを出したり、料理を作って販売したりする。SARAXJIJIの展示会では、自分たちがクライアントの服を販売している(もちろん気に入って着ているから、そんなことができる)。そんな経験は普通ではなかなかできない。とても忙しいけれど、充実した日々を過ごしている。大牟田に来てよかった。本当にそう思う。福岡にいる時よりも、遥かにに大勢の人と出会って、友人たちに会う機会も増えた。

...さて、今回の企画展を開催して思ったが、自分発の切り口で企画を立て、ここで展示できたらどんなに楽しいだろう。僕がフリーペーパーでやりたかったことを、空間そのものに落とし込む。そんなことを考えていたらやたらと興奮してきた。