Img_8c4fd7192a1652d70b8192ef9349e942
Img_967af9406ceabe0f70277474f7558289
Img_df10e9d4297189517a5d49b4bc54d873
文字が好きだ。子供の頃から変わらない。ハッキリと文字の魅力に気づいたのは文庫本で使われていた字体であった。岩波書店や福音館書店のDTPや印刷を手がけている印刷会社が開発した「精興社書体」(もちろん当時は書体の名前など知らない)。その文字の雰囲気で言葉を打ち出してみたかった。地元の電器店で3行しかプレヴューできないワープロを買って、詩を書いた。感熱紙で出力したあと、モノクロコピー機で複写した。コピー用紙に定着したトナーが独特な艶消しのテクスチャを醸していて、飽きずにずっと眺めていた。

そんな訳で、デザイナーになる前から文字が好きだった。

前置きが長くなった。さて、つい3年前までは、文字(ロゴタイプ)を製作する際はスケッチをしていたが、今はほとんどイラストレーターでいきなり文字を作ることが多い。

唐津の映画館「演屋」の場合もそうだ。エレメントと呼んでいる「文字を構成する要素」を最初に作って、それを組み合わせてデザインを立ち上げていく。

上は、最初に「演屋」の話を聞いてすぐにつくってみたもの。江戸文字...特に寄席文字寄りの字体。圓樂の広告を参考にして、自分なりに解釈したもの。漢字の場合だと「しんにょう」や「さんずい」など難しくて敬遠したい部首があるが、だからといって、そこを避けるようなデザインはしたくない。
Img_cb04bdf5e2b5faea9e30a037f5139b7a
Img_414bf00656c72b6aa3f39fb540d64b7a
Img_93e6434bcef60978f14bb122a92acc01
当初のアイディアから色々試行錯誤して、最初に提案したのがこちら。
台形は唐津の七つの島の一つ「高島」。唐津を舞台にした映画「花筐(はながたみ)/大林宣彦監督作品」に象徴的に登場する島で、映画館の外観にも高島を模した台形の造作が施されている。アール・デコのフォントはかなりデコラティブに。「唐津市京町 令和元年創業 厳選映画上映」という文字の使い方は、前掛けなどのデザインでよく見かけるタイポグラフィで、歴史感のあるデザインを目指した。

一見、何屋かわからない。が、そこが狙いだった。行けば映画館だと分かるし、映画館だと分かって足を運ぶ人がほとんどだからこそ、意外性やオリジナリティのあるデザインを提案したかった。(そして決して古くならないものを)だけど見事にボツ(苦笑)
Img_b78e1f545359c62b436c7c84163d9b03
Img_765d8aef00f048aae71a6714bb5c544d
ここに至った課程は省く。2回目の提案がこちら。
カタカナ表記のロゴタイプは、自分でも結構気に入っている。これもいきなりイラストレーターでデザインを始める。やりながら調整という感じ。昔は確認のために何枚もプリントアウトしたけど、今はそういうこともなくなった。(形が)決まったな、と思ったら一枚プリントアウトして、逆さまにしてしばらく壁に貼っておいて眺めている。
Img_82972d96af5099186b10548d6550fa62
Img_cfe7a297a4e7ad27f458bf9d84d50c18
Img_25c6627ea8a6702cb3c36ced373a0d67
さて、2回目のボツを食らい、話し合いを進めていると先方から手描きのスケッチがいくつか出てきた(この辺りになると、お互い言いたいことを言えるようになってて、まさにいいものを作る上で良い状態)。上の画像はその中の一つ。映写機は「唐津シネマの会」を継承するモチーフだ。情報をうまく整理していけば形になりそうだと思い、落書きを元にデザインを進めた。同時に様々な角度から破綻のないように意味づけ(ロジックを固める)をしていった。最終的には、2つのデザインでブラッシュアップを行った(2枚目の図像 映写機のレンズから光を投影している線があるが、最終的には線を取った)。

演屋のロゴは、複数のオーダーを聞きながら足し算のデザインを行った。ただ、足したのではなく整理をしながら。この「整理・整頓」がデザインの正体だ。
Img_63fef8e306fdaac3ac14aab8b42b8199
長年、宗像で営んできた製麺所をクライアントである息子さんが代替わりするタイミングで、「宗像庵」から「山田製麺」にネーミングを変更することに。それに伴うロゴ制作と包装紙や名刺などのツール制作を行った。春には製麺所・うどん店の新装開店予定でとても楽しみ。

●ヒヤリング
津屋崎のうどん店(現在は宗像へ移転準備中)「こなみ」さんにてヒヤリング...の前に、うどんを食す笑 この日は、けいらんうどん。ちかちゃんはスパイスの効いたカレーうどんを。ナイスチョイス。

案件内容にもよるが、ヒアリングでは、だいたい将来的なビジョンとか、どう見られたいとか、方針や基本的な考え方などを聞きたくて、思いつくままランダムに聞いていきます。雑談や世間話の中にも、クライアントの考え方や個性など、デザインに活かせるヒントや大切な要素が多分に含まれていることがあります。また、プロジェクトの予算やスケジュールについても、この時にはっきり聞いて、最大限にできることを考えていきます。具体的な予算が決まっていない場合...大抵の場合は、グラフィックデザインの相場が全く想像つかないのが原因...は、ヒヤリングを元に、後日、見積もりを算出します。そこから、実現に向けて、できること・できないことなど色々と詰めていきます。だから、まずはご相談を 笑

山田製麺さんの場合は、ご主人と奥様、お二人にあれこれ質問。トンマナ(トーン&マナー)だったり、事業の考え方だったり。美智子さん(奥様)が、山田さんみたいなロゴ、と言ったのが印象的で、抽象的なんだけど、とてもヒントになるワードが出てきたりして、ヒヤリングはとても楽しいプロセスです。「山田さんみたいな感じで、真面目っぽいロゴ」というのが、大まかな方向性として出てきました。
Img_b39bcefa64c30883a5b2a0d6d98effd2
Img_02c38859f9c2beea48ef25d560c1d58f
Img_3b3e7374543cea9d62515d6ac08c6e2b
●デザイン作業 ①(イメージ)
話を聞いていて頭の片隅にあったのは、隷書体とか古印体という印鑑でよく見かける書体。隷書体は漢方薬局とかでも見かけますかね、あるいは、歴史の古い酒蔵や老舗味噌醤油屋さんの看板、新聞のロゴにもよく使われていて、歴史・信頼、格式が高く、実直な印象を持つ書体です。二代目へと「代替わり」することや美智子さんが「真面目」と噛み砕いて表現した言葉から発想して、隷書や古印体の雰囲気を参考にロゴができないかなと考えました。

●デザイン作業 ②(資料集め)
まだ、今のようにネット上のサービスが充実していない頃は、大型の本屋さん(紀伊国屋書店など)に資料を探しに行っていましたが、現在は何と言ってもPinterest  (Click!) や画像検索で済むようになりました。手持ちの資料では限界があるし、とても便利な時代になりました。

僕の場合、上記の画像のような、イメージする画像をひたすら探して、頭の中で書体の特徴を観察してイメージトレーニングのように無数の画像を脳内に取り込む感じ。ロゴのアイディアのためにスケッチを沢山描くということは、あまりありません。しかし、これも時と場合によるので、なんとも言えないのですが。。 
Img_83738ef31bf3a944856052460a93af11
Img_7c20d67cbedac2113624e14c435f7b8c
Img_f8b2a7389fb08fc27132c9b42bd18cdd
●デザイン作業 ③(デザイン)
参考になる画像を眺めていて、なんとなくイメトレできたなと感じたので、とりあえず手持ちの書体を打ち出して、ガイドライン(参考にするアタリ)にしてみました(写真:上)。今回は隷書体がイメージだったので、白州隷書というフォントをタテ・ヨコで打ち出してみました。いい書体ではあるけれど、どこか不格好なところや気に入らないところもあって...やっぱり自分で作ったヤツじゃないとな....と再確認するわけです。

とりあえずエレメントを作ってみる。(写真:中)エレメントと呼んでいるのは、文字を構成する「線」のことです(一般にそう呼ぶかどうかはわかりません)。「選択」して青いラインが出るようにスナップショットを撮ってみたので、組み合わせ方がよくわかると思います。

なんとなく仮組みした状態(写真:下)。山田製麺(タテ組)の横に「田」を置いているのは、ヨコ組した時の位置を決めるためです。あと、ここでのポイントとしては、白州隷書体の「山」の字は真ん中の△の部分が広すぎて、なんだかマヌケだな、と思っていて、僕は「人」という文字がわかるように描いてます。

それと、先ほど述べましたが、既存フォントを打ち出して、ガイドラインにするというのは常に使う手法ではありません(文字の骨格など、大変参考になる手法です)。しかし、この案件はそうやってみた、ということです。いきなりエレメントを作って組み立てる時もあります(後日、アップすると思いますが「時々可否」の場合は、スケッチを眺めながらエレメントを組み立てました)。
Img_e5d890fb850555b20493e51a5134c25e
Img_4495ddf04caa21c00c78f505ddd39416
Img_5a7bca40eaa4e1cd70c17c56c9c2d51d
●デザイン作業 ③(デザイン「ロゴマーク」)
地に足をつけて、夢を追いかけて欲しい。という個人的な願いから「山」マークをエベレスト級ではなく身近な里山のような形にしました。個人的な願いを形にするというのは割とよくあることです。

これもいきなりペンツールで線を引きます。山のラフは一切描かなかったので、ありません。頭の中に明確に形があったので、それをなぞる感じ。
パスをアウトライン化して27インチモニターいっぱいいっぱいに拡大しながら細かく調整していきます。



Img_e5f85952fe228667d44867c6feec2301
Img_2bb419886777a6c481370e877a2a5cb7
ロゴの方向性を決めてイラレで大ラフを作るまでは、年々早くなっているように感じます。その代わりデザインの微調整=詰めの作業にとても時間をかけます。入稿ギリギリまで詰めていることも多々あります。人が見てもわからないレベルなのですが、気になると手をつけずにはいられない質なので延々やってしまいます。必ず気持ちのいいポイントがあるので、見つけるまでは諦めません 苦笑。

詰めていけばいくほどデザインの精度が格段に上がるのは確かです。二枚目の画像は、5mmの升目を作って、比率を合わせてロゴを重ねてみた図です。ぴったりと升目に合いました。升目に合わせたわけじゃなく、デザインを詰めることで、黄金率(気持ちのいいポイント)に近づいていくということを改めて感じました。

全般的に(あくまでも、の話です)、これは僕のディレクションの特徴でもあるのですが...目指しているデザイン、トーンは「アノニマス」です。僕が作ったものではなく、誰かが作ったもの。あるいは、もうすでに存在していたもの。という印象に出来るだけ近づきたい。そう考えています。

山田製麺のグラフィックスは (Click!) 

Img_f0a930101de1b89babb8d49b0a169908
このブログページで、あまり仕事の話をしてこなかったのは、第一に、デザイン至上主義的な態度に大変嫌悪感を抱く質で、そんなことよりも、僕は、個人の哲学について関心が高いので、つい、どうしても「THINK」カテゴリーの記事が増える傾向にあります。

それでも特に問題はなかったのですが、ホームページをリニューアルした時に、各仕事の詳細説明をどこかでできないかな、と色々と考えていまして、それで、それをこのテキストページで更新していくことにしました。

カテゴリーはそのまんまですが「制作ノート」とします。ここでは、コンセプトを解説したりもしますが、どちらかと言うと、もっとデザイン的な話をしてみたくて。カーブがきれいでしょ、とか笑 制作途中のメモやラフなども掲載できる範囲内でお見せできたらいいなと思います。過去の仕事の解説など、順不同に掲載する考えです。